うまく経営するコツと必要な資金

アパート経営を成功させるコツ

アパート経営をはじめたいと考えたとき、老後をまかなえるだけの収入を最初から安定して得られるようにしようと思ってしまうと、必要な自己資金は莫大な金額になります。もちろん、資金に余裕があればそれがいちばんよいのですが、無理のない投資も大切です。
アパート経営をはじめるときには、最初から大きなマンションを1棟買おうと考えるのではなく、お得なアパート物件を最初に1棟手に入れることから始めましょう。
自分の手が届く範囲内で購入したアパートから得られる経営利益を上手にプールし、アパートと土地自体が持っている不動産としての価値を合わせることによって、数年後にはより資産価値の高いアパートを手に入れられる可能性は高くなります。1棟目のアパートを売却し、よりよい物件を購入して経営する…というループをくり返すことによって、所有している物件から得られる利益はだんだんと向上していきますし、何年かにわたって計画をたて、所有するアパートの数を増やしていくことによって、より高い家賃収入を得ることも可能になってきます。
複数のアパート経営を最初から目指すのではなく、段階を踏んでいくことで、無理なく目標の金額を毎月稼ぐことができるようになるのです。

アパート経営の自己資金

アパート経営には多額の自己資金が必要で、自分にはとても手が届かない話だ…と考えている方は多いかもしれませんが、必ずしもアパート経営を始める時から、多額の自己資金が必要になるとは限りません。
たとえば、新築のアパートではなく、すでにオーナーがいて、住民も住んでいるような環境の、いわゆる中古アパートにおいて、オーナーがその物件を売りたいと考えていた場合、新築のアパートを1棟買うよりも、当然価格は大幅に下がります。
また、当たり前のことですが、ある程度の信用がある方であれば、不動産の購入にはローンを活用することができますから、最初から建物の金額分の自己資金をもっていなくてはいけないということでもありません。
実際に、アパート経営をはじめようとするオーナーの多くは、自分の家を購入するときと同じようにローンを買い、ある程度の頭金を支払って土地と建物を購入してからは、アパート経営による家賃収入をその返済にあてるなどして、投資価格を回収し、その後数十年にわたってアパート経営での利益を得ていくことになります。
アパートはいつでも満室のまま推移するというわけではありませんので、不動産管理会社と利回りについて相談しながら、購入するアパートを決めましょう。

New Information