重要な2つの要素について知っておこう

アパート経営と定期修繕

アパート経営を長年続けていると、どうしても10年、または15年に一度くらいの頻度で、大規模な修繕をおすすめされることがあります。通常、アパートのような建物の外壁の耐用年数は10年程度、屋根の塗装も10年から15年程度と言われており、その耐用年数を越える前に、塗り直しや大規模修繕をおこなうことによって、建物の寿命を延ばすことができますし、見た目もきれいになり、お部屋を探している見込み客からの印象がよくなるというメリットもあります。
ところが、必要経費だと分かってはいても、大規模修繕にかかる費用はどうしても高額になってしまうため、極力修繕を避けたいと考えるオーナーの方もいるそうです。ですが、そのようなアパート経営をおこなっていると、長期的に見ると得られるはずの利益がいつか得られなくなってしまうリスクもあることはご存知でしょうか。
必要な修繕をおこなわずに建物を使い続けると、本来なら修繕が発生しなかったはずの建物内部や、水道関係、ガス管関係などといった、現在入居している住民のくらしに直結するトラブルが起きる可能性が高くなります。また、修復不可能なダメージを負ってしまうと、最悪は取り壊さざるをえなくなることもありますので注意しましょう。

アパート経営と不動産管理会社

老後の暮らしについて考えたとき、国から支給される年金だけで暮らしていくのには無理があると感じる方は大勢いらっしゃるようです。そのため不動産管理会社には、毎日のように「将来のためにアパート経営をはじめたい」という相談が寄せられています。
アパート経営をおこなうことには、今持っている資金や土地を活用して不動産を所有し、そこからの家賃収入を得ることで、毎月の不労所得をある程度安定して得ることができるというメリットがあります。ただ資産を保有しておくだけではなく、それを活用することによって、さらなる利益を得られるので、アパート経営は、昔からとても人気の投資方法のひとつです。
ですが、自分たちだけでアパート経営をおこなっていると、どうしても空室対策や、クレームへの対応、修繕に関する手配や確認など、とても仕事の合間にはこなしきれないようなたくさんの要望が舞い込んできます。不動産管理会社は、そういったアパート経営に関する一切をオーナーに代わって管理し、アパート経営を円滑にまわしていくことを仕事にしています。
手数料は発生しますが、アパート経営をトラブルなくおこない、収入を安定させるためには欠かせない存在だと言えるでしょう。

New Information