アパート経営って具体的に何をすればいいの?

アパート経営の具体的な方法とは?

多くの方が憧れている不労収入の形の1つであるアパート経営。しかしアパート経営にはどのような手法があるのでしょうか?大きく分けると、アパートの経営は3つに分けることが出来ます。まずは全てを自力で管理するという方法ですね。こちらは入居者の募集の手配などは業者に依頼するとしても、建物の管理維持や保守点検、細かなメンテナンスに賃料の徴収など、考えうる全ての行動を自分の力で行う方法です。本来ならばこの方法がアパート経営の本来の姿だとも言えるかもしれません。面倒さも多い反面、無駄な支出はほとんどなく、賃料も全て自分の懐に入ってくるというメリットがあります。管理会社に委託するという方法もあります。こちらはアパートの手入れや掃除に始まり、入居者審査や家賃の滞納などの対応なども行ってくれます。この方法は毎月一定額の管理料金を支払う必要があります。そして最もオーナーの仕事が少ない方法が一括借り上げという方法です。一括借り上げは建物自体を業者に出す代わりに、毎月一定額の収入を得るという方法です。当然満室状態と比べると収入は減ってしまうものの、空室リスクを一切負わず、入居率に依らない一定の収入を得ることが出来るシステムとなり、リスクが極端に低いことから多くのオーナーから支持されています。

アパート経営は入居率を高くすることが大事

初めてアパート経営を行うなら、注意したいことがあります。それは入居者が集まりそうかどうか、ということです。せっかくアパート経営をしようとしても、入居者があまりいないのでは困ってしまいます。ですので、入居者をしっかりと集められるようなアパート経営をすることが大切です。

入居者の集まりやすいアパートは、立地の面もありますがそれだけではありません。暮らしやすくて便利でオシャレなアパートが選ばれます。そのため、外観のデザインをスタイリッシュにしたり、生活しやすいよう工夫した間取りにしたりなど、魅力的なアパートにしていく必要があります。アパート経営をするならまずこれらの点について疎かにすることなく考え、常時満室になるぐらいの入居者数を確保することが望ましいです。

実際には常時満室というほどうまくはいかないかもしれませんが、入居率が高ければ高いほど初期投資の金額を回収する期間は短くなります。ですから、その点をふまえたうえでアパート経営を行っていくのが、効率的に収入を獲得するための合理的な考え方です。初めてのアパート経営はわからないことが多いかもしれませんが、まずは入居率を高めるためにはどうすれば良いのかを考えることが重要です。

New Information