ホーム » 失敗しない町田市での葬儀の傾向

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    失敗しない町田市での葬儀の傾向

    町田市には市が委託した葬儀専門の事業があります。町田市内で葬儀をする場合や、亡くなった方か葬儀を執り行う申請者が町田市民である場合に利用が可能となっています。ここでは、葬祭用品の販売だけではなく、葬祭用具の貸し出しを行っているため、初めての方でも安心して準備ができます。また、現代では亡くなった方のお見送り方法は多種多様化しているため、一式貸し出しや一式購入ではなく、必要なものを選べるようになっています。こちらの事業では、事前に葬儀の相談も可能となっています。ご高齢の方や、身体の不自由な方で事業所に行けないという方に、は訪問相談という形もあり、様々な方法で葬儀について相談ができます。協定業者もあり、紹介もしてもらえるため、どのように葬儀を執り行いたいか、希望を伝え相談することも可能になっています。

    葬儀の際の費用や必要なもの、ご存知ですか?

    近年、葬儀費用の平均が下がっています。全国平均で見ると、2014年と2017年では約10万円も安くなっています。葬儀にかかる費用は、通夜からの飲食接待費、寺院へのお布施、葬儀一式費用とおおまかに3つに分類されます。その中でも葬儀一式費用が費用の大半を占めます。葬儀一式費用に含まれているものは、式場使用料や祭壇、棺、ドライアイスや遺影写真などの葬祭用具だけではなく、脳幹や通夜・葬儀の進行等のサービス費用も含まれています。町田市の事業では、祭壇やテント、高張提灯や照明器具の葬祭用具の貸し出しだけではなく、木棺や骨壺、位牌などの葬祭用品の販売も行っており、安価でも厳かな葬儀が出来るようになっています。また、遺影写真やドライアイス、生花などは協定業者を紹介して貰えるため、自分で探すなどの手間が省けます。

    希望通りの葬儀に近づけるためには。

    自分がどのように見送られたいか、想像することは難しいと思います。また、葬儀を執り行う側も突然のことにも拘らず、短期間で全てを決めて執り行わなくてはなりません。葬儀はやり直すことができない行事でもあります。葬儀が終わり落ち着いた頃に、「こうすればよかった」などの後悔がないようにしなければなりません。葬儀の話などは普段の生活で話し合いにくいテーマとなっていますが、失敗しないためにも家族で話し合いを行っていることが大切です。最近では「終活」や「エンディングノート」という言葉も浸透しているため、以前よりも話し合いやすくなっていると思います。町田市では先ほど述べたように事前に相談ができる事業所があります。市役所が委託している事業ということで信頼があって安心して相談できます。