ホーム » 初めて町田市で葬儀を行う場合に抑えておきたいポイント

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    初めて町田市で葬儀を行う場合に抑えておきたいポイント

    葬儀の際に誰もが頭を悩ませることになるのが、何をどうしたらいいか分からないということです。喪主を務めるという経験は人生の中でもそう何度もあるものではありません。ただでさえ心が乱れている時に煩雑な手続きをこなすのは至難の業です。さらに費用の問題もあります。大切な故人のお見送りでお金に糸目は付けたくないものですが、やはり捻出できる額には限りがあるものです。そのような方に向けて、町田市では葬儀の相談を受け付けています。これは限られた予算の中でも精一杯心のこもったお見送りが出来るようにと市が提供しているサービスです。町田市内で葬儀を行う場合に援助をしてもらえる制度で、町田市民であればどなたでも利用することが可能です。主なサービス内容は祭壇等の貸出やその設置、葬祭用品の販売、葬祭業者の紹介などです。

    市民が利用できる町田市の葬儀事業

    町田市が行っている葬祭事業は、特に費用を抑えたいと考えている方にはぴったりです。葬儀の規模や利用する葬祭具などにもよりますが、相場に比べても安価で葬儀を執り行うことができます。必要なものだけを選ぶことができますので、余計なオプション料などが掛かることもありません。遺体の搬送や遺影の用意など一部取扱範囲外の業務もありますが、そうした業務に関しては協定事業者の紹介を受けることができます。市の委託を受けた人材センターと提携している会社ですので、時折ニュースで耳にするような悪徳会社の心配はありません。安心して故人の葬儀を任せることができます。生前の相談にも乗ってもらえるので、万が一のことを考えて話を聞いておくということも可能です。相談料は無料で事業所へ足を運ぶのが難しい場合は訪問でのサービスも受けられます。

    町田市であげる葬儀の葬祭費給付制度

    町田市で葬儀を行う場合、忘れずにしておきたいのが葬祭費の請求です。町田市の場合、喪主に対して5万円が給付されます。国民健康保険や後期高齢者医療保険などに加入している町田市民であればどなたでも請求することができます。請求方法も意外に簡単で、請求書を市役所に提出するだけです。手続きには故人の保険証、喪主の印鑑、葬儀の領収書(または会葬礼状など)、そして振込先の口座情報が必要になります。請求書は死亡届を出した際に貰えるほか、インターネットでもダウンロードすることができます。期限は2年以内と長めに設けられていますので、葬儀後しばらく経って心の整理が付いた頃に請求しても大丈夫です。また、社会保険に加入していた場合は埋葬料の請求が可能です。その場合の請求先は勤務先になります。